オーガニックコットンについて

organic_cotton

Natural Organic Cotton
オーガニックコットンとは

着るものを購入する際に、意外に気にしてはいないこととは思いますが、コットンも畑で育つ農産物です。
オーガニックコットン(有機栽培綿)とは、畑に3年以上化学薬品を使わない畑で、栽培時にも一切、農薬、殺虫剤、化学肥料を使用しないで栽培された綿花のことを言います。
人にも地球にも優しく、肌触りがよく吸水性が抜群、ナチュラルな光沢のある素材を追求していくうちに、オーガニックコットンにたどり着きました。
スープレルースでは、ほぼ全ての製品に最上級のオーガニックコットンを使用しています。

栽培から収穫まで、農薬や枯れ葉剤などの化学薬品を一切使用せず、通常のコットンより1ヶ月近く長く、実が完熟するまで待ってから収穫されます。大事にに育てられた綿花の繊維には、通常流通しているコットン製品に比べて2倍もの空気を含んでいます。そのことが、ふんわりとした優しい肌触りを生み、吸水性や乾きのよいランジェリーやタオルに最適な素材となるのです。

原綿から生地までのこだわり

綿花には色々な品種が有ります。コーヒーが品種によって味が違うように、綿花の品種にもそれぞれ特徴があります。
その特徴を最大限に味わうには、ブレンドなどせずに単一種の物だけを使うことです。

スープレルースではそれぞれの綿花の特徴を生かすためオーガニックでも単一綿の使用をしています。

ランジェリーに最適な綿として、ニューメキシコのアルバレス農場で育てられたオーガニックスーピマとエジプトのギザコットンを主に使用しています。どちらも糸の強力に優れ、自然な光沢と染色発色の良さが特徴。やわらかさはどちらも素晴しい物があります。スーピマはふんわりとギザは滑らかさが特徴の素材です。ぜひ、綿花ごとの製品を着比べてみて下さい。
*ギザコットンはオーガニック認証ではありませんが、極力化学薬品を使わずに収穫された優しい栽培法のコットンになります。

自然な糸の肌触りを最大限に生かすために、糸にはシルケットなどの加工は一切せず、生地にはポリウレタンなどのストレッチ糸も入れずにコットン100%で仕上げています。サイズごとに機械を変えて筒に丸く編まれた生地は自然な伸びを生かし、キャミソール類は脇の縫い代のないストレスフリーな作り方をしています。

タオルはアメリカの昆虫学者サリーフォックス女史の研究開発した茶色の無農薬有機栽培の綿花を使用しています。
この綿花は病虫害に強く無農薬有機栽培に適した綿花です。タオルの茶色は染色をせず、綿花そのものの色。白のオーガニックコットンとブレンドをして濃淡の2色をオリジナルの糸にしていただきました。
その糸を日本の高級タオルの産地、今治にてシャトル機を使って織り上げています。昔ながらのシャトル機は新しい機械と違い、ゆっくりと糸に負担をかけずに織り上げていくため、しっかりとした打ち込みの生地でありながらふんわりした風合いに上がるのが特徴。吸水性や環境への負担を考えて、余計な加工は一切していないため、ご購入後、洗濯もせずそのままご使用いただけます。今治基準でもある「5秒で水に沈むタオル生地」それだけ吸水性に優れています。吸水性が良いのに、洗濯後の乾きが早いのには驚かされます。それも、オーガニックコットンならではの特徴でしょう。

色へのこだわり

オーガニック製品は染色をしない生成りの物が主流というご意見もあるかと思いますが、スープレルースではファッション性を重視してあえて染色を行っています。オーガニックコットンをもっと普通に使うことによって、需要を増やすこと。農薬を使わない畑が増えていくこと、コットンはオーガニックがあたりまえになることを願っています。

*2016年4月から発ガン性物質を含むアゾ染料の使用禁止条例が出来ました。日本製品ではかなり前から使用されていない染料です。もちろん私たちの作る製品における染めも一切アゾ染料は使用しておりませんのでご安心ください。

ボタニカル・ダイへのこだわり

ボタニカルダイとは、自然の植物から抽出した色素で染める方法です。植物はそれぞれ独自の色素を持っています。色の綺麗さは植物の色素のなせる技。スープレルースでは積極的にボタニカルダイによる製品作りを行っていきます。植物の美しい色は心と体にさまざまな働きかけをしてくれます。

ページ上部へ戻る